うめのーと

うめの美に関するなんでもかんでも雑多に

映画「新感染 Final Express(釜山行き)」感想

新感染、観ました。

 

新感覚!

 

これまでのゾンビのイメージを覆す描写。

ゾンビ(?)がフルスピードで走る!走る!走る!

あと感染のスピードも早い。

噛まれてギャー、しばらくしてむくり、、じゃなくて、

しゃっと起き上がってこっちめがけて走ってくる!全速力で!

なんかもう親しい人の死とか、裏切りとか、善と悪とか考える間もなく走るしかない。

でも実際、そうかもしれないって思った。

もし、こういうバイオハザードが本当に起きたとしたら。

考える間もなく、何が起きたか理解する間もなく、ただただ生きることだけ考える。その瞬間が続く。

2時間の序盤で特急列車の中で「感染者」が出て、あとほぼ2時間もどう描写するんだろうと思っていたら(エピローグが長いのかなーとか)、最後まで次々起こるメイン登場人物の一瞬の死に唖然。息つく間もないとはこのこと。寿命縮まった。手に汗握る場面が殆どなのに、必要最小限の背景とかストーリーとかもきちんと描かれていて感心。

 

それにしてもあのバス会社の人、嫌な奴だった…。そこらへんにいるおじさん感がまたリアルで。絶対ああいう人いっぱい出るだろうな、日本で同じようなことあっても…。

でも実は、最初のお父さんの「自分さえよければいい」という性格と紙一重だよね。

お父さん、変わったね。主人公の俳優さん、見たことある人だったけどかっこよかった。

 

いやー疲れた・・・いい意味で。

 

ところで観てる途中で気づいたけど、「新幹線」とかけてるのね…。

うますぎてわからなかったよ。