うめのーと

うめの美に関するなんでもかんでも。適当。

さわやかな感じのウォーキングがしたい

さわやかな感じのウォーキングがしたい。

やっとの思いで重い腰を上げ、猫背で近所を数分うろついて帰ってくるみたいなのでなくて、もっと健康的な、引き締まった女子がしてるような、さわやかなのがしたい。というか引き締まった女子になりたい。

 

そもそも、さわやかとは何か。

 

 

[形動][文][ナリ]歴史的仮名遣いは「さわやか」とも》
 気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。「朝の爽やかな空気」「爽やかな人柄」

 

出典 デジタル大辞林

 

 

なるほど。

 

確かに、まさに「気分が晴れ晴れとして快いさま」を私は求めている。「さっぱりとして気持ちがよい」のも、理想のウォーキングのイメージそのものといえよう。さすが辞書。

 

春になったから、少なくとも、木枯らしのなか歩みを進めるようなことはしなくてよい。気分も冬よりすこしは明るい。

 

だから、がんばって生活にウォーキングを取り入れることにした。

 

ただのウォーキングではなくてさわやかなウォーキングをするためには、

★姿勢よく

★軽装で

★発見をしながら

が、なんとなく大事なような気がする。

 

特に軽装。どうしても荷物が多くなりがちな私。でも姿勢悪くなるし、肩こるし、早く帰りたくなるし、疲れるのに筋肉使わないから、やっぱりよくない。

 

一回帰って荷物を置くでもなんでもいいから、余計なものは持たず、身一つでひらりと町に繰り出したい。

弾むように歩き、「こんなカフェあったんだ!」とか思いながらにこやかに歩きたい。

 

明日からやる。